既に、許していた事実と
自分自身の心境の変化に
改めて気づき驚いた表情を見届けた、
懐かしい日の一瞬を思い出しつつ、
ここに徒然と書き留めています。

許す…と言う表現が正しいかは、
自信がないのですが…。
そんな瞬間だったのです。

起きてしまった事実を
悩み後悔し足掻いて
どうしようもなく悲しくて
誰かのせいにした日々

自分の心と向き合い項垂れるのは
駄々をこねたあの頃より
踏み出す一歩の勇気と
優しさの深さを知ったからなのでしょうか

過去にとらわれず
顔をあげるあなたの
迷いのない真っ直ぐな視線が
今、思い起こしても、
とても澄んで美しい。

あの日の感動に心からの感謝を込めて。

前のページ
交差する場所
一覧へ
次のページ
記事はありません
記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)